Taction

 

内容説明(英語)

You have in your hands an unprecedented account of the history of East Asian calligraphy. Here is a book every bit as accessible and fascinating for noncalligraphers and for individuals unversed in kanji as it is for calligraphers and for kanji-literate readers. The author, Ishikawa Kyuyoh, speaks of “the drama of the stylus” [brush and chisel], and he brings that drama alive by positioning it in compelling context: historical and spiritual, as well as artistic and cultural. Ishikawa has been a leading light in the calligraphic firmament for more than 40 years. He has continuously highlighted new expressive possibilities through work that is at once avant-garde and firmly rooted in calligraphic tradition. As interpreted by Ishikawa, calligraphy’s spiritual orientation engenders a powerful creative tension. “The calligrapher’s tension,” he insists, “is part of the spiritual awareness that is inseparable from the act of writing. It is the unrelenting self-scrutiny of the calligrapher who would fulfill a commitment akin to a holy vow.”

●Waku Miller 訳
●長銀国際ライブラリー叢書
●定価 2,500円 (本体価格 2,381円)
●判型 23.2×15.8×2.6cm
●ページ数 324ページ

万葉仮名でよむ『万葉集』

万葉名歌の知られざる姿―万葉仮名とは独自の表記体系であり、変容のダイナミックスをうちに宿した、「異形の漢字」である。漢字歌の姿に戻ってよみ直すとき、気づかれなかった意味とイメージの奥行きが如実に現れる。万葉仮名の書記法から女手=平仮名の成立へ。その過程に、新しい表現への欲望に突き動かされた、創造的な工夫と試行を掘り起こす。それはまさに、日本語の個性が誕生する出来事にほかならなかった。書字の現場から、新たな意味と文体と韻律の生成を追跡する、日本語創世記。

●岩波書店
●定価 2,730円 (本体価格 2,600円)
●判型 19.2x14x2.2cm
●ページ数 240ページ

近代書史

第36回「大佛次郎賞」受賞!!

すべては本書への助走だった。――東アジアの文化の根幹をなす「書」は、近代にいかなる軌跡をたどったのか? 日本の近代・現代の書の歴史を、専門書道家だけでなく文学者や画家など知識人の書跡、生活者の日常書字や印刷文字までも含めて、表現された書の丹念な読解により初めて全体として捉えた、前著『日本書史』に続く石川九楊の絢爛たるライフワーク。

「大佛次郎賞」選考委員による選評:

【池内了氏:「全体を普遍的に把握」】
書については全く素人で、「書は人格なり」との風潮に反発を覚えていた私であったが、この本を読んでいるうちに書の世界の奥深さと拡がりに感じ入り、知らず知らず引き込まれてしまった。
著者の方法は分析的であると同時に統合的である。……(中略)……近づいて一点一画を見つめるとともに離れてその全容を眺め、二つの視線を重ね合わせる。そして、そこで得た感懐を多様な言葉を駆使して的確に表現する。その意味では、実に科学的な書論とも言える。……

【川本三郎氏:「美の本質に熱く迫る」】
書の世界とはこんなにも深いものだったのか。
近代の書のすべてを語り尽くそうとする大著、巨大な本だが、量もさることながら何よりも圧倒されるのは、書の美を究めたいという石川九楊さんの熱気だ。
これほど熱い研究書はそうはない。書の美を追究する。なぜある字は美しいと感じ、ある字は美しくないと感じるのか。石川九楊さんは美の本質に迫ろうとしている。……(中略)……
最後に石川九楊さん自身の書が紹介されているが、その自由奔放な書には「これが書か」と仰天させられる。

【高樹のぶ子氏:「新しい世界見えてきた」】
思いがけない方向から不意打ちをくらった。書は「美学」ではなく「文学」であり、「造形」ではなく「言葉」である。目から鱗が落ちた。鱗が落ちた目に、新しい世界が見えてきた。書をする筆の先が書家そのものになり、精神と肉体になり、言葉を語る声になり、さらには人生になっていく。……(中略)……
「書」が「言葉」だと知ることで、書かれたものがたちまち人格と人生を持つこの魔術的な革新は、実は創造と想像の力に負っている。白紙に黒く残された文字の化石から、書家の人生と人格を再生させるには、言葉をよすがとする強力なフィクション構成力が必要で、もっとも古めかしく見える作業の裏でフル稼働する、小説家と同質な才能が、書に無知な人間をも惹きつけてやまない。

【山折哲雄氏:「尋常ならぬ自信と覇気」】
……文字通り刻苦精励のたまものである。これらの仕事は「書」という問題をひっさげて、東アジアに広がる漢字文化圏の全体を睥睨する勢いを示している。その自信と覇気は尋常なものではない。……(中略)……明治以後のわが国の書が「近代」といかに格闘し、どこに表現の可能性を求めてきたのかを、柔軟な筆致で詳述している。
冒頭に良寛の書をもってきて序論を展開しているのも秀逸であるが、最後に石川氏自身の書を掲げて創作の秘密を解き明かしているところには驚かされる。……

●名古屋大学出版会刊
●定価 18,900円
(本体価格 18,000円)
●判型 A4判・上製函入
●ページ数 776頁

日本書史

第56回「毎日出版文化賞」受賞作!東アジアの文化の根底をなす書は、「弧島」の舞台でいかなる劇を繰り広げたのか? 書を筆蝕の美学と捉える視点から、古代から明治初年までの代表的作品に定着された精神の軌跡を、その表現に即してひとつひとつ丹念に明らかにし、それを通じて日本書史の全体像を提示した、著者のライフワーク。
続篇『近代書史』(名古屋大学出版会刊、2009年)の前提となる、重要な著作。

「毎日出版文化賞」選評【選評者:松本健一 氏】:

『日本書史』は、漢字ではなく、書字を東アジアの文化の根底にとらえ、その「書」の文化が日本でどのような展開をみせたかを説いた、画期的な文化史である。
しかも、その日本の「書」の考察から分かることは—日本書史は中国書史の辺縁にあって、小さく、ささやかで、いくぶん歪んだものである。これは、日本書史が中国文化に途中から入り込み、そうして東アジアのなかでは「いち早く近代化を達成する」ことによって、途中から下車した事情によっている、と。
著者の書史は、具体的な「書」の分析をともなって、鮮やかである。たとえば、頼山陽の「修史偶題」は、江戸時代の「唐様」の第一級品だが、にもかかわらず「ああ日本の書だなァ」とおもわざるをえない。また、幕末の三筆のひとり巻菱湖(まきりょうこ)は、「近代の習字教師の祖」にすぎない、というように。(松本健一 氏)

●名古屋大学出版会刊
●定価 15,750円
(本体価格 15,000円)
●判型 A4判・上製函入
●ページ数 604頁

中國書史

書とはどういう芸術かの原理的・歴史的解明に努めてきた著者が、中国の書作品の微細かつ精緻な解読を「本論」に据え、前後に中国殷代から清代までの書の具体的・理論的展開と日中の書の比較による表現としての書の本質的・必然的展開過程を配した、前例のない画期的な書史・書論である。芸術としての書は本書によって初めて現代性をもつ。

●京都大学学術出版会刊
●定価 10,194円
(本体価格 9,709円)
●判型 A4判・上製函入
●ページ数 462頁

記念講演会「石川九楊 書史講義」

一点一画••••••書くことの歴史の到達点。
「書」ーという言葉から連想しがちな、習字や書道をはるかに超えて、日本語・日本文学・日本文化の根本に、深く、広く書の宇宙が広がっています。
良寛、副島種臣、不折、碧梧桐、岡本かの子、宮沢賢治、日下部鳴鶴、比田井天来、前衛書、デザイン文字、丸文字••••••。文字の一点一画のなにげない書きぶり(書)、筆ざわり(筆蝕)から、近代・現代日本の文化と歴史の新たな姿を明るみに出します。
身ぶり、手ぶり、板書、レジュメ、映像••••••を用いて、具体的にわかりやすく伝える四話は、未来に向けて、「書く」ことの意味を説きます。

【東 京】
会 期:5月16日(日) 13時縲鰀17時 (開場12時30分)
会 場:有楽町朝日ホール・有楽町マリオン11階
○第1部「早わかり近代書史」/第2部「早わかり現代書史」

【京 都】
会 期:6月27日(日) 13時縲鰀17時 (開場12時30分)
会 場:京都会館第2ホール
○第1部「早わかり中國・日本書史」/第2部「早わかり近代書史」

【入場料】
前売 1,500円/当日 2,000円 (1枚でお1人様、いずれか1会場でのみ有効。)
*前売券購入に関しましては、最新情報をご覧下さい。
※講演内容などは変更になる可能性があります。
※当日入場は先着順です。(京都会場は一部2階席。)

石川九楊 プロフィール

石川九楊 (いしかわきゅうよう 1945~) 書家。京都精華大学教授

●作品集=「石川九楊源氏物語書巻五十五帖」(求龍堂)
「石川九楊盃千字文」(ギャラリー白い点)

●近刊= 「近代書史」(名古屋大学出版会)
「書くー言葉・文字・書」(中公新書)
「漢字の文明 仮名の文化」(農文協)
「万葉仮名でよむ『万葉集』」(岩波書店)
「Taction」The drama of the stylus in original calligraphy Waku Miller 訳 (長銀国際ライブラリー叢書) 「書 文字 アジア」(筑摩書房)

●受賞= 大佛次郎賞、サントリー学芸賞、毎日出版文化賞、京都府文化賞功労賞、 京都新聞大賞文化学術賞、日本文化デザイン賞

 

石川九楊の世界展

東アジア育ちの「書」は、優れた表現手段であると同時に
世界に誇る芸術です。
現代書の鬼才・石川九楊さんの書は、現代音楽や抽象画や現代詩にも
通じる不思議な興奮を覚えます。

初めて石川さんの書に接した人の中には、「これでも書?」と首を
ひねる方も多いと思います。
しかし、よく見ると一字一句手抜きすることなく明らかに文字を
描き続けていることに気づきます。
瑞々しい旋律を奏でる石川九楊さんの書。
本展は、石川九楊さんの初期から現在に至る書暦の代表作約200点を展観し、一字一句の筆触を後追いしながら、現代書の楽しみを
味わっていただける展覧会です。

会場
日本橋三越本店 新館7Fギャラリー

会期
2005年9月13日(火)~2005年9月19日(月)

閲覧料金
一般・大学生700円、高校・中学生500円(小学生以下無料)